バナー

美容皮膚科で肌年齢を若くする

年齢を重ねてくると顔にシミが目立つようになります。
そこで、シミをとるために美容皮膚科に行く方が多いのですが、たいていの方はシミだけをとることを考えているので、美容皮膚科でも患者の方が気になっているシミをとることが多いのですが、実際にはシミだけをとっても肌自体が若くなっているわけではないので、年齢を重ねた肌についていたシミだけがなくなったようにしか見えません。せっかく美容皮膚科にいくのですから、肌年齢も若くして、周りの友人たちからうらやましがられるような肌をつくりたいものです。では、シミというものがどうしてできてしまうのかというと、皮膚全体の機能が低下してしまうことで、血行不良をおこして肌の色が沈んで見えたり、代謝が悪くなることによるメラニン色素の排出が遅れたり、皮膚にみずみずしさがなくなって、きめが乱れてしまうなどの要因により、くすみや色ムラが生じてしまうことになります。

シミというのは肌の機能が衰えていることでおきる症状のひとつということがいえます。



したがって、シミ以外のところでも気づかないうちに年齢感が皮膚に現れてしまうことになります。



美容皮膚科では、これらのシミにアプローチをする際には、顔全体に光を照射することで、肌の年齢感を改善することができます。



また、以前は光治療に使用されていた機材は欧米製のものが多く、黄色人種の肌色に対する効果が薄かったのですが、近年では日本人医師が開発した光治療器を用いることで、日本人の肌にあった治療ができるので、かなりの効果を期待することができます。